口唇ヘルペスの予防と治療講座

性器ヘルペスになると頻尿になる確率が高い

性器ヘルペスはヘルペスウイルスに感染する事によって発症します。
感染した性器の周辺に水ぶくれが出来るのが特徴でありますが、ヘルペスに感染すると暴行が刺激されて高い確率で頻尿の症状が出ます。
必ず頻尿になるという訳では無いですが、特に男性の場合は性器と尿道が同じ部分にある事から、頻尿になる確率が高いと考えられています。
頻尿になる原因というのは様々であり、頻尿であるからヘルペスに感染していると判断するのは早計ですが、ヘルペスに限らずに性病に罹った場合は頻尿になる確率が高くなるので、他の症状も現れていて心当たりがあるのであれば性病を疑った方が良いです。
なお、ヘルペスの場合は飛沫感染や空気感染するというような事は無く、性行為やオーラルセックスをするなどして感染する可能性があります。
ヘルペスの場合は性器以外にも口の周辺に出来る事もあります。
性器と口の場合ではウイルスの種類が異なる可能性が高いのですが、性器から口への感染や口から性器への感染が起こらないという訳では無いです。
中には性病というのは性行為をしなければ大丈夫だと誤解をしている人もいて、オーラルセックスで口ならば問題ないだろうと考える人もいますが、そのような考えは誤りなので注意して下さい。
また、ヘルペスウイルスは熱や乾燥に弱いという性質がありますが、トイレやタオルなどでも感染する可能性もありますので、特に発症している時には衛生面に気をつけないと一緒に生活している人に感染させてしまう事もあります。
ウイルスに感染した場合は、症状が治まった後も体から完全にウイルスがいなくなるという事は無く、免疫力が低下した時には再発する事もよくあります。
自覚症状が無くて他の人に移してしまう事もあるのですが、自分やパートナーが感染している場合には相手に感染させないように十分に注意する事が大切です。