口唇ヘルペスの予防と治療講座

お風呂でのヘルペスの予防について

お風呂で、ヘルペスに感染しないように予防するためには、タオルや椅子や湯船の使い方に注意する必要があります。ヘルペスには、口唇と性器の2種類ありますが特に、非常に感染力の強い性器ヘルペスの場合は、細心の注意が必要になります。
お風呂で使うタオルは、性器ヘルペスに感染した人が患部に触れたタオルを使いまわすことで二次感染が発生します。特に、乾燥状態のタオルを使い回すと感染する可能性が高まります。湿ったタオルであればリスクを軽減できますが、最も安全な予防方法はタオルを使い分けることです。
お風呂の椅子は、性器ヘルペスに感染した人の患部が直接触れる可能性が高いため、感染者が居る場合は椅子を使わないようにするのが良いでしょう。また、椅子を使いたい場合は感染者が使用した後に、しっかり洗ってウイルスを排除する必要があります。特に、予防という意味では消毒用エタノールを使うのが良いでしょう。
湯船は、希釈されますのでタオルや椅子よりも感染リスクは低いのですが、同じ湯船に何度も浸かると感染するリスクが高まります。そのため、感染者が居る場合は湯船を使わずにシャワーで済ませるか、感染者は他の人が入浴した後に入るといった配慮が必要になります。湯船と同じ理屈で温泉やプールに入っても、希釈によって感染力が低くなりますのであまり心配する必要はありません。どうしても不安になるという場合は、温泉やプールに入るのはやめてシャワーなどで済ませましょう。
口唇ヘルペスは、症状を抑えている時には感染力はほとんどありませんが、症状が現れている時には感染力が強くなっていますので湯船に浸かるなどの行為は避けた方が良いでしょう。家の狭いお風呂などに一緒に入るなどの行為もしない方が良いでしょう。