口唇ヘルペスの予防と治療講座

口唇ヘルペスってどんな病気?

口唇ヘルペスとは、唇のまわりに小さな水ぶくれができる病気のことです。ヘルペスは単純疱疹とも呼ばれます。単純ヘルペスウイルスの感染によって起こりますが、必ずしも症状が現れるとは限りません。初めての感染であるか再発であるかなど、その時の体調によっても症状の重さは異なります。口唇ヘルペスの初期症状として、水ぶくれが現れる前に皮膚がピリピリ、チクチク、ムズムズするなどの違和感や痒み、ほてりを感じます。再発を繰り返す人の場合、前兆が自分でわかることもあるようです。このような自覚症状が出てから半日以内に患部が腫れ始めます。この時期はウイルスの増殖が活発なため、この段階で治療を始めることが効果的です。1~3日ほどすると、赤く腫れた上にウイルスがたくさん存在する水ぶくれができます。粘膜や傷のある皮膚の場合、この水ぶくれが破れてその患部に触ると感染する可能性があります。水ぶくれは、初めて感染した時は大きく、再発を繰り返していると小さくなっていきます。口唇ヘルペスは初めての感染時をのぞき、普通は1カ所に集中してできます。皮膚症状は人によって変わりますが、発症から10日~2週間程度でかさぶたができて回復していきます。また、同じウイルスを原因とする口内炎の症状が出る場合もあります。口唇ヘルペスは風邪をひいた時や体調が悪い時など、免疫力が低下している時に出やすい病気です。これは、体が疲れているサインでもあるため十分な休養を取るように心掛けましょう。放置して酷くなると治療に時間がかかってしまい、日常生活への影響が出てしまう恐れがあります。口唇ヘルペスに有効な市販薬もあるので、自分に合う薬を探しておくのも効果的です。しかし、早めに適切な医療機関を受診し治療をすることが最も大切なことです。

口唇ヘルペスの感染経路と予防方法

口唇ヘルペスとは、唇や口の周辺の皮膚に赤い水ぶくれができる感染症で、患部にかゆみや痛みなどの症状を伴います。単純ヘルペスウイルスの感染により生じる症状で、一度は治っても疲れやストレスで身体の免疫力が低下すると再発を繰り返します。単純ヘルペスウイルスは自分で子孫を作る事ができないため、他の生き物の細胞の中に侵入し、その細胞を構成する材料を利用しながら自分自身をコピーする事で子孫を残そうとします。誕生したコピーウイルスたちは、さらに増殖しようと細胞を出て、次々と新しい細胞に感染していきます。ヘルペスウイルスの感染経路は単純で、水ぶくれなどの症状が現れている部位との接触や、つばなどの飛沫による感染が主です。ウイルスは感染して人体に潜り込んでもすぐに症状が表面化しない事があり、感染している自覚症状がない人も多いのが特徴です。症状が現れている時はウイルス量が多く、感染力も高いので患部に触った手で他人と接触しないよう気を付けて下さい。相手が抵抗力のある成人の場合、感染しても発症しないか軽度の症状ですみますが、免疫を持たない新生児に感染した場合、高熱などの全身症状が現れ重症化するおそれがあります。現代の医学では、ヘルペスウイルスの根本的な排除方法は見つかっていませんが、症状を抑えるための内服薬が外用薬が存在します。症状が現れる前兆を感じたら、早めに治療を行う事で症状を軽くしたり、治るのを早める事ができます。再発の予防には身体の抵抗力を高める事が重要で、食事はバランスよくとり、疲れたら十分に休息することが大切です。ストレスも抵抗力を下げる原因ですので、体だけでなく精神的にも健康な生活を心がけましょう。

口唇ヘルペスの治療に効果のある薬はなに?

ヘルペスの特徴として完治することができない病気になります。性器や口唇にできるウィルスは違いがありますが、どちらも一度感染してしまうと、そのウィルスを体内から排除することはできません。できることはそのウィルスとうまく付き合っていくことになりますので、ヘルペスと付き合うことが求められます。ヘルペスと付き合うと言っても特別難しいことはありません。免疫力を高め、疲れにくい体にし、ストレスに気を付けて体によい生活習慣を心掛けるだけで良いです。それだけがヘルペスに効果がある医薬品です。しかし疲れにくいと言っても披露が蓄積することもあるでしょう。またストレスは現代社会において排除することが難しいです。どうしてもヘルペスの症状が出てしまうこともあります。そんなときに効果がある薬があります。バルトレックスといって、ヘルペスの原因となるウィルスの増殖を抑えてくれる医薬品です。あくまでもウィルスを退治する医薬品ではなく、ウィルスは性器や口唇に水泡としてできたときに服用することで、ウィルスの増殖を抑えて症状を収めることに貢献します。特にヘルペスになると悪化しやすいという方は、この医薬品を常備しておくと効果的な対策になります。特にヘルペスができやすいという人は、いつでも使える環境にしておくと良いでしょう。病気に強い体にすることと、もしできてもウィルスの増殖を抑えることが対抗策になります。醜状がでる予感というものを感じる人もいるでしょう。そのような時に服用していると、嫌な症状を感じないまま対処することができます。悪化すると飲食ができなくなるほどの痛みを感じる人もいますので、悪化しないように対策を立てておきましょう。

■成分情報はこちら
ミノサイクリンとは
■ヘルペスの医薬品はこちらです
バルトレックス
ゾビラックス
性器ヘルペス治療薬